息子との二人暮らしスタート

翌朝早く、何とか仕事を終えて帰宅すると、妻は寝込んでいました。

気力で息子は幼稚園に送ったそうです。

息子の玩具で、家中散らかりほーだい。

それだけじゃなくて、トイレ、洗面所、台所のシンク、風呂、あらゆるところに吐瀉物がそのまんま!

しかし責めることはできません。

息子の時も妊娠悪阻(おそ)で、妻は入院しました。あの時の記憶が甦って、慌てて病院に行くこと。

妊娠検査役で陽性だったとはいえ、ちゃんと診てもらわなければなりませんし。

抱きかかえるように近くの総合病院(息子が産まれた病院です)に連れて行ったのですが、入り口からもう歩けない状態で、車椅子を貸してもらいました。

どう見てもつわりではなく、重篤な病人のような雰囲気です。

予約もしてないのに、急患ということで、診て貰えました。

果たして、結果は妊娠2週目でした。

2週目!!

つわりって、早い人でも始まるのは4~5週目からって聞いていたのに、まさかの2週目から!

お医者さんの話では「最悪、出産まで続くかもしれません」とのこと。

そして吐くだけ吐いて、3日間、何も食べてない(食べると吐く)という状況なので、そのまま入院することになりました。

入院の手続き、必要なものの買い出し、家の掃除などで、日中は過ぎ去りました。

すっかり日が暮れた頃、延長保育で預けている息子を迎えに、幼稚園に向かいました。

ママはしんどいから、しばらく入院する。

元気になって帰ってくるまで、パパと二人で頑張ろうね!

息子を抱き上げながらそう伝えるのですが、どうも良く分かっていない様子です。

妻の入院しているのは産婦人科の病棟で、中学生以下の子どもは見舞いに行くこともできません。

一目だけでも会わせたいなと思いましたが、諦めて、ファミレスに寄ってから帰宅しました。

めまぐるしく過ぎた一日だったので、まだ現実味がなかったのですが、今日から5歳児と二人きりでした。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年07月18日 | Posted in 妊娠悪阻 | タグ: , , No Comments » 

関連記事