暮らしが変わる

嫁の入院によって、根本的なスケジュールというか、ライフスタイルそのものの変更を強いられました。

僕は職場近くにも家があり、普段はそこで暮らしています。

仕事が早く終わった日と週末だけ、家族の住む郊外に戻る生活でした。

それが逆転するのです。

基本、郊外で生活。

週末は息子を連れて都心で生活です。

郊外の家から会社までは、バスと私鉄と地下鉄を乗り継いで1時間ちょい。

延長保育は19時までなので、お迎えに行くには、終業前の17時半には会社を出なきゃダメです。

超弩級ブラック企業ですので、日付が変わるまでオフィスにいるのが当たり前の生活でしたが、一気に自主的にホワイト企業化を図らねばなりません。

会社で働けない分は、お持ち帰りでお仕事です。

これが問題でした。

東洋経済のおせっかい企画、上場企業給与ワースト500社では、ビシっと不動の逆上位に位置する我が社ですので、会社の給料だけじゃ、生活なんてできません。

自宅では寝る時間を惜しんで、副業せにゃならんのです。

ノルマは年間最低400万円。

副業についても、いずれこのブログで書かねばと思っていますが、不労所得ではなく、ビッシリ働くタイプの副業なんですね。

それが厳しくなる!

本業を持ち帰っては、副業どころじゃなくなるのです!

生活の基盤が揺らぐと言っても、過言じゃございません。

でも選択肢はないので、取りあえず郊外の家でも仕事が出来るよう、iMacを買ってくれと会社に言いました。

ブラックですけど、こういうのは稟議も出さずに、あっさり買ってもらえるから不思議です。

まぁ家でも働くなんて社畜の鏡なんで、そのエサ代くらいにしか思っていないのでしょうが。

平日は何となく早退。

で土曜日は朝から息子を連れて出勤。

そのまま都心の家に泊まって、翌日も出勤、夕方郊外の自宅に戻る。

そういう生活が始まりました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年07月19日 | Posted in 二人暮らし | タグ: , , No Comments » 

関連記事