5歳児の睡眠時間を確保する方法

5歳児の睡眠時間は10時間から13時間だそうです。

てことは、7時に起床させるには、21時には絶対に眠らせないとダメです。

まぁムリなんですけどね。

どんなに早くても幼稚園のお迎えが19時。

そこから夕食→入浴を2時間で済ませるのは、僕のスキルでは不可能です。

妻からはバイオリンの練習と、通信教育のワークも毎日やらせろと言われてますが、常識的に考えて19時スタートではできませんわ(あそこの子、貧乏やのにバイオリンやってるんですって!聞きました、奥さん?

つーか、そもそも19時スタートじゃないもの。

幼稚園に着くのが19時。

帰宅したらなんやかんやで、19時半です。

食事と風呂をギリ21時前に終わらせても、大人しく布団に入ってくれる息子ではありません。

油断したら、仮面ライダーになりきって、見えない敵と戦ってます。

布団に入らせるという、たったそれだけの行為に、どんだけ苦労が必要なのか!!

苦肉の策で、歯磨き終わってお布団に入ったら、寝転がって仮面ライダーを見てもよいことにしました。

テレビではなく、iPadでAmazonプライムの動画です。

妻が知ったら激怒するのは確実ですが、背に腹は代えられません。

息子の健康のためなのはもちろん、さっさと寝かしつけて、僕は洗い物や洗濯の家事に加えて、持ち帰った仕事もせにゃならんのです。

しかし寝る前の仮面ライダー効果は絶大でした。

「21時30分までは、iPadを見てもいい」ルールにした途端、帰宅するなり着替えもせずに布団に入るようになりましたから。

一週間ほどで、仮面ライダーキバを全話見てしまいました。

7時起床となると21時半就寝では、若干睡眠不足です。

もちろん、朝も簡単には起きません。

こっちは優しく起こすのですが、誰に似たのか思い切りパンチやキックを繰り出して、僕はまだ寝る!と宣言するのです。

7時に起きて、洗顔や着替え、朝食を負えて、8時前には幼稚園に送り届けないとダメなのです。

幼稚園前の停留所を8時ちょうどに出るあずさ2号バスに乗らなければ、僕は遅刻です。

ここでもヒーローが役立ちました。

なんと月曜から木曜まで、朝7時から、戦隊モノである「烈車戦隊トッキュウジャー」が再放送されていたのです。

でかしたサンテレビ!!

6時59分、あと1分でトッキュウジャー始まるよ!と声をかけると、それまでの苦労が嘘のように、起きてくれるのです。

賛否両論あるでしょうが、こうして息子の睡眠時間のコントロールに成功したのでした。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年07月21日 | Posted in 二人暮らし | タグ: , , No Comments » 

関連記事