吐かれた時の対処法

退院して数日間、処方して貰った薬が効いているのか、目に見えて快復してきた妻ですが、面倒臭いし調子も良くなってきたからと、勝手な自己判断で毎日来いと言われていた点滴をサボるようになりました。

結果はてきめんでした。

また入院前の容態に逆戻りです。

寝たきり&ゲロライフ。

しんどい、苦しい、もう嫌だ。

基本的にこの三つの単語しか書かれていないメールが、仕事中にもお構いなしに届きます。

ホンマにしんどいの?と訝るペースで。

息子を迎えて帰宅し、手洗いうがいをさせようと洗面所に行くとゲロだらけ。

汚いからこっちで洗いなさいとキッチンに連れて行くと、シンクは洗い物が乱雑に置かれて、その上にまたもゲロ。

吐くならトイレでって、最低限のことすら不可能なほど、妊娠悪阻ってしんどいのですかね?

油断したら風呂もトイレもどこもかしこもゲロだらけ。

疲れ切って帰ってきて、この状況だと、さすがに精神的に参ります。

それでも生まれついての偽善者を自負する僕ですから、妻には「掃除は俺がするから気にしなくていいよ、でもなるべくトイレで吐いてね?」と、優しく声を掛けました。

そしたら本当に微塵も気にしないから、心底驚きですよ。

毎日毎日もらいゲロしながら掃除をしていると、吐瀉物にも慣れていきます。

自分なりの作業も発見したので、今回はお役に立てばと書いてみます(もっとも、皆さんのところの奥様は、シンクに吐いて放置なんかしないでしょうが)

まぁ病気じゃないので、感染症になる種類の吐瀉物ではないのが幸いです(それでも菌は増殖するので、一刻も早く処理するのをオススメします)

今回は例として、洗面所で吐かれた時の対処法です。

単に吐瀉物だけなら良いのですが、その上から水を使って、ゲロ水が溜まっている場合があります。

最悪です。

まず排水口のフタ(髪の毛とかがパイプに入らないようにしているもの)を外します。

汚水に手を突っ込んで!!

この瞬間が一番精神的にキツイです。

とにかく水と汚物を流します。固形物はないので、パイプが詰まることはありません。

水が流れたら、物理的に取れるものをすべてレジ袋に捨てます。

この時に役立つのが、キッチンペーパーです。

最初はティッシュを使っていたのですが、水に弱くてダメでした。

手に貼り付くのも気持ち悪いですし。

しかしキッチンペーパーなら厚手なので、汚物を触る感覚も多少軽減されます。

とにもかくにも、見える汚れはキッチンペーパーで拭き取ります。

次に時間の経過でこびりついた汚れを、激落ちくんでこすります。

この段階で、見た目は非常にキレイです。

排水口のフタも忘れず激落ちくんでキレイにしてください。

最後に、排水口に、パイプクリーナーをたっぷり流し込みます。

フタにもかけてください。

小一時間放置したあと、水で流せば、完璧です。

汚物を流していますが、この方法でパイプが詰まったことはありません。

商品が分かり易いようにアマゾンのリンクを貼りましたが、どれもスーパーで手に入ります。

特にキッチンペーパーは、調理以外にも恐ろしく有能なので、買い置きをオススメします。

あまり男性には馴染みのない商品化もしれませんが、ホントに便利ですよ!

息子のモノならいざ知らず、他人の吐瀉物を掃除すると、ああ、これも愛情の一つなのかなぁと思います。

思いますが、書いてて気持ち悪くなりました。

もちろん、掃除終了後にはすぐに念入りに手洗いをしてくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年07月24日 | Posted in 妊娠悪阻 | タグ: , , , , No Comments » 

関連記事