弁当箱が小さい!

気持ちは一杯詰まってるのに、おかずがまったく詰まらないのが、幼児の弁当箱です。

とにもかくにも小さい。

もうね、僕からしたら、ミニチュア感覚ですよ。

息子のお弁当を作るようになって、ネットで色んなお弁当画像を検索するんですが、園児向けって、カラフルだけど、おかずはあまり種類多く入ってないんですよね。

ちなみにこれは、かつて妻が幼稚園児だった娘に作ったお弁当です。

おにぎり一個に、エビフライ、ミートボール、プチトマト。

これで満腹になるんですか!?

息子もほぼ同サイズの弁当箱で、基本的に完食してくるのですが、それでも「ご飯が多かった」とか、量が多い系の文句は言うんです。

お弁当って、日常生活でも楽しい時間だと思うので、出来る限り、喜ばれるものを作りたいのです。

冷食だけど、あれもこれも入れたい。

最低でも4種類はおかずを入れたいのです。

唯一の手作り、卵焼き。

肉系の冷食×2。

野菜系の冷食。

でも入らない。

むりやり詰めると、ピックやバランが使えないこともあって、見た目が美しくありません。

弁当箱を開く時、ワクワクしてくれるような、開いて笑顔になるような、そんなお弁当を作りたいのですが、一朝一夕には出来そうにありません。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年07月27日 | Posted in お弁当 | タグ: , , No Comments » 

関連記事