寿司と海鮮丼だけで、人は生きていけるのか?

部屋の掃除をしていると、「大中」と書かれた紙切れが何枚も出てきた。

息子の字だ。

大(だい)と中って何?と訊くと、だいじゃない!おお!大トロのおおと、中トロのちゅう!と返された。

この台詞からも分かる通り、うちの息子はトロが大好きだ。

赤身を食べさせても、これトロじゃないから美味しくないとか、生意気を言う。

回ってるお寿司は不味いとか、どういう育て方されたんじゃ!?と憤るが、まぁ僕の責任だ。

同僚で何食ってもトロだと思っているヤツや、肉の部位がまったく分からない人間がいる。

子どもの頃から、たまにはちゃんとしたものを食べさせないと、大人になって恥をかくと思っているから、これはこれで間違った育て方ではないと信じてはいるんだけど。

デパ地下やイオンの総菜&外食だと、どうしても同じような食事になってしまう。

息子は噛むのが苦手というか、面倒だと感じているので、あまり肉は食べない。

魚を食わせば、機嫌が良い。

そういう訳で、僕も思考停止しちゃって、ついついテイクアウトも外食も寿司や海鮮丼が多くなってしまう。

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿

僕は僕で、寿司だと一杯やれるので、満足しちゃってるから、まぁ良いかって思う悪循環。

毎日野菜も食べずに寿司食わせてたとか妻に知られたら、ボコボコにされかねない。

されかねないが、できれば食事でストレスを感じたくはないし、感じさせたくない。

嫌いなものをムリに食べさせるよりは、美味しいねと微笑みあいながら、夕餉の時間を過ごしたい。

それでも野菜不足はさすがに感じていた。

何とか野菜を食べさせなければ。

ただでさえ面倒な食事に、新たな課題が生まれようとしていた。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年08月06日 | Posted in 二人暮らし | タグ: , , No Comments » 

関連記事