5歳児の野菜嫌いは、どうすればいい?

息子は頑なに野菜を食べません。

野菜に限らず、嫌いなものをムリに食べさせると、その場で胃の中のモノすべてを吐くという攻撃をします。

母子揃って、どこでも吐きやがるな!と、さすがにイラっときます。

吐くまで反撃しないまでも、逆ギレすることは多々あって、ああ、顔は僕そっくりだけど、中身は母親似なんだと、本当に切なくなります。

扶養していく自信も揺らぐくらいです。

野菜嫌いとはいえ、何か一つくらいは食べられるものが存在するはずだ。

それを突破口にすればいい。

そう思って、まずは色々試してみることにしました。

野菜を入れた料理を作るが、食べろと強制はしない。

これで食べられるか否かを判断するのです。

自分の子どもの頃の好みを鑑みて、いくつかグループ分けしてみました。

【ムリ】
ピーマン
ブロッコリー
カリフラワー
アスパラガス

【食べられるかも?】
レタス
キャベツ
キュウリ
カボチャ
大根
ゴボウ
レンコン
にんじん
じゃがいも
たまねぎ

【微妙】
トマト
茄子

こんな感じです。

まずは大好きな焼きそばで試すことにしました。

入れたのはキャベツと細かく粉砕した人参、ニラだけです。

#オヤジ飯

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿 –

いつものように「野菜も食べなさい!」とは言いません。

結果ですが、野菜どころか豚肉まで残して、麺だけを食べました。

写真の通り、夜店の焼きそばくらい、具は少なくしたんですけど、完敗です。

次はカレーで試してみます。

オーソドックスに「にんじん、じゃがいも、たまねぎ」だけです。

これもルーと米だけを食べて、肉も野菜もかなり残していました。

食べろ言わない限り、息子は野菜も肉も食べないことが判明しました。

仕方なく、僕自身はどうやって野菜嫌いを克服したのか、母ちゃんに聞いてみました。

どんなに細かく刻んでも、どんなに好きな料理に混ぜても、頑張って食べようね!となだめても、断固としてお前は野菜を食べなかった!あの時の苦労を、お前も思い知れ!という驚きの回答で、まったく役に立ちません。

野菜嫌いなのは、マズイ(=身体に悪いもの)を摂取しちゃダメだという本能的なものだから、気長に慣れるしかない、今はムリに食べさせなくても、代用品はある、と言われました。

気長にしなさい、気長に!と、しょせん孫なんか他人事!と言わんばかりに、母は電話を切りました。

 

何の解決にもなってねぇ!!

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

関連記事