園児にとって弁当の中身など、さして重要ではないという事実

明日は素敵な弁当を作りたい。

素敵はムリでも、マシな弁当を持たせたい。

毎朝弁当を作り終える度にそう反省するのですが、なかなか思うようにはいきません。

夕方、買い物をする時点で疲れ切っていて、弁当のアイディアなど浮かばないのです。

買い物かごに入れるのは、結局冷食になります。

朝、一人起きて、冷蔵庫の中身を確認します。

また今日も卵を焼いて、後は冷食というパターンです。

肉を焼こうかとか、ほうれん草と卵とベーコンの炒め物を作ろうかと、一瞬は思うのですが、時間を逆算すると、やる気が出ません。

息子よ、すまん。

で、いつものような弁当が出来上がります。

それでも見た目だけでも何とかしたいと、このブログでもお伝えしておるのですが、これもまたセンスがないためか、思うようにはなりません(笑)

弁当の仕切り板を使わなければ、レイアウトの幅は広がる!

そう気づいたと先日書きましたが、そういう小手先の対処では、どーにもなんないのです。

不器用丸出し、丸出し不器用なオヤジ弁当からの脱却は、不可能!!

悲しいけど、これ、現実なのよね(スレッガー中尉の真似をしながら)

それでも今回はいつもと決定的に違うレイアウトになったと、若干自画自賛しながら、息子に弁当を持たせました。

#オヤジ弁当

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿 –


夕食時、今日のお弁当どうだった?と訊きました。

トマトとブロッコリーが入ってたから、食べるのに時間がかかった!と、息子は文句を言いました。

今日のお弁当、いつもと違ってたやろ?と言っても、一緒やん!?と返される始末。

今日はご飯の場所が違ってなかった?と悲しくなりつつ訊いても、覚えてないの一言。

息子が注意力散漫なアホの子なのか、それとも弁当のレイアウトなんかに興味がないのか。

後者であってほしいのですが、なんだか切なくなりました。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年08月12日 | Posted in お弁当 | タグ: , , , , No Comments » 

関連記事