定食屋さんから、レパートリーを学ぶ

人の想像力は無限と言いますが、こと食事のメニューに関しては、僕の場合は有限です。

有限すぎる。

想像力も発想力も貧弱過ぎ。

ネットで検索しても、レシピ本を読んでも、いまいちピンときません。

想像力は創造力です。

イマジネーションのない僕は、結果的に同じような総菜飯しか生み出せないのでしょう。

それでも別に良いのですが、ちょっとバリエーションを考えようと、意識的にランチタイムは定食屋さんに行くことにしました。

それもチェーン店やオシャレ系ではなく、お婆ちゃんがやってるようなお店です。

絶対に手作りだと分かるお店で、家庭料理にはどんなものがあるのか再確認して、自分のレパートリーを広げようという魂胆です。

幸い、家庭料理の定食屋は、オフィス近くに数店あります。

600円

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿 –

子ども向けかどうかは別として、こういうお店で思うのは、小鉢の煮物が美味いってことです。

大阪だと炊いたんってヤツですね。

タイタンではないですし、正確には京ことばだった筈なんですが(笑)

ただ煮物を美味しく、少量作るのは、非常に厳しいです。

息子はたぶん、食べませんし。

焼き魚(今日は塩鯖でした)も美味いのですが、これは焼き方云々ではなく、鯖の選び方が巧いのだと思います。

僕の目利きで美味しい鯖を入手できるとも思えません。

そうなると、やっぱりお総菜なんですよね。

スーパーの焼き魚は、正直、美味しくありません。

ただ、大型店でなく、鮮魚に力を入れているスーパーだと、こだわりの魚介専門の店員さんがいて、めっちゃ美味しい焼き魚を売っているところもあります。

値段が下手すると倍ちかく高くなりますが、デパ地下の焼き魚も、再加熱したらかなり美味しいものもありますね。

煮物や酢の物なんかは、量を考えたら、絶対にお総菜です。

という訳で、やはり結論として、料理の得意でないお父さんは、お総菜を利用しようということになりました。

あれ、こんな筈じゃなかったけどな(笑)

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年08月22日 | Posted in オヤジ飯 | タグ: , No Comments » 

関連記事