5歳児の食べきりサイズで夕食を作る

毎日毎日、息子の食事のことを考えてます。

起きた瞬間、今日は何を作ろうかと思う毎日。

ただでさえキャパが小さい脳味噌なのに、そんなことで煩わされると、日常生活に支障を来します(笑)

仕事が出来ないもの!

僕の業務の8割は思考です。

実際の作業とか、ほんと些細なモノなんですよ。

ただただ考え続けるという、ある意味、苦行が業務です。

周囲は「仕事してんのかよ?」って目で見てますけど、いつでも替わってやるぜ?って感じですよ。

ま、そんな愚痴はさておき、息子に作る、主として夕食が第二段階に突入しました。

第一段階は、とにもかくにも作ることに集中しました。

第二段階は、適切な量を考えるってことです。

子どもが食べるのに、適切な量。

これが難しい。

5歳児一人が食べるものを作ると、まず無駄が出ますよね。

カレーとか、毎日食べさせるのは可哀想だし、甘口を僕が食べるのは、僕が可哀想です(笑)

途中まで一緒に作って、ルーを入れる段階で鍋を分ける、なんて面倒なことはしたくもありません。

そんな時に便利なのが、鍋&海鮮丼だと思いつきました。

#オヤジ飯

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿 –

最近は、一人用の鍋の素、売ってますよね。

一人用の鍋が、5歳児と二人で食べるなら、ちょうどいいんですよ。

鍋料理なら息子も大好きですし。

あとすき焼きのたれ。

自分で割り下を作るのが好きだったんですが、そんな面倒なこと、日曜のオッサン趣味飯以外で不可能です。

で、使うようになったエバラのすき焼きのたれ。

お前、万能過ぎ。

すき焼きはもちろん、丼や肉じゃが、あとそぼろにも使えます。

#オヤジ弁当

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿 –

すき焼きのたれで作ったそぼろ弁当です。

肉+卵+エバラすき焼きのたれで、ホント、何でも作れますよ!

これはエポックメーキング!

エバラのサイトに行けば、色んなレシピが載ってますから、ぜひ参考にしてください!

で、もう一つは海鮮丼。

これパターンが二種類あります。

一つは白米そのまま。

もう一つは、ちらし寿司のご飯を使うもの。

息子は後者が好きみたいです。

永谷園のすし太郎を使います。

こちらはご飯一合半で二人前なんで、作りすぎて無駄にすることもありません。

永谷園のすし太郎、さぶちゃんがCMしてましたよね。

自分で酢飯から作ることを考えたら、恐ろしく手軽にちらし寿司が出来る。

人類って進化してたんですねぇ(笑)

ご飯にお好みの刺身を載せて、海鮮丼の素をかければ完成です。

m3papaさん(@3mpapa)がシェアした投稿

海鮮丼のたれも各社から出てますけど、僕はモランボンが好きです。

海苔もセットになった海鮮丼用も美味しいですが、まぐろユッケ丼のたれも美味しいです。

5歳児の食べる量を考えたら、とにかく使い切りサイズであること、そして使い切れない場合、他の料理に流用できて、捨てなくて済むこと。

この二つが重要ではないでしょうか?

残ったものはどんどん捨てるべきだとは思いますけど、気持ち的に罪悪感あるんですよね。

主婦にとっては当たり前かもしれませんが、僕はスーパーで色んな商品を眺めて、この結論に辿り着きました(笑)

お父さん、スーパーに行きましょう!

ふだん、興味もないような売り場も見てみましょう!

きっと他にも、役立つモノを売ってる筈ですよ!

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年08月24日 | Posted in オヤジ飯 | タグ: , , , , No Comments » 

関連記事