ショッピングカートを使うと、無駄なものまで買ってしまう?

ほぼ毎日、近所のスーパーで買い物をします。

最近は気をつけているのですが、妻の代わりに買い物をするようになって数ヶ月は、一回の支払いが平均5000円くらいでした。

毎日5000円。

どうしたらそんな金額になるのでしょう?

「男の買い物なんてそんなもんだ」と言い切ってしまえば、それまでですが、たぶん、ショッピングカートを使っているのが、大きな理由のような気がします。

あれ押しながら売り場を歩くと、余計なモノまでついカゴに入れちゃいますからね。

ただ、5000円が高いのか安いのか、あるいは妥当なのか、主婦感覚がないので分かりません。

月額にしたら15万円くらいです。

ほぼ食費で15万円は、やはり高いのでしょうか?

あとその日の夕食のイメージが出来てないので、商品を見ながら食べるものを考えるのも、高額になる原因でしょう。

そういう意味では自炊より、やはりお総菜の方が安くなるような気がします。

自宅から徒歩3分という立地だけで通うスーパーなので、基本的にそこのプライベートブランドは買いません。

というか、まったく信用してないのです。

なのでたとえばパックのジュースにしても、トッ○○リューの三倍の値段だったとしても、信頼できるブランドものを買いますし、お肉も国産だけにしています。

そもそも値段を見てません。

比較検討の項目が、国産か否か、プライベートブランドか否かの二つだけなのです。

カモですよね、絶対に(笑)

他には息子が欲しがる「おやつ」も問題なんですよ。

どう考えても「おやつ」じゃない食玩がメインです。

これとこれ、二個買って合体させないと意味ない!とか主張して、だいたい複数購入するんですが、一個が500円くらいするんですよね。

同じ年頃の僕なんか、ビックワンガム一個で大喜びしてたのに!

でも一番高額なのは、お酒です(笑)

ビールの6本パックと酎ハイを数本か、冷酒を買います。

これをだいたい一日で飲んでしまいます。

一度、どれだけ安くなるか、試してみました。

まずカートは使いません。

これだけで、重い物を買おうとは思わなくなるから、めちゃ効果的です。

次に食玩は買いませんでした。

息子はなぜ昨日まで毎日買ってもらえたものが、突然今日ダメなのか、理解出来ない様子でしたが、今日は買わない!と父の威厳で押し通しました。

僕もビールはやめて、発泡酒にしました。

これだと2000円くらいでした。

ただ、疲れて帰った夕餉に発泡酒を飲んでいると、何となく気分がすさんでくる感じなので、翌日からはビールにして、息子の食玩も解禁しましたけど。

でもカートをやめたので、何も考えずカゴに入れることはなくなり、今は3500円くらいで収まっています。

余談ですが、最初の頃は食材を買うのが恥ずかしかったのですが、最近はすっかり買い物にも慣れて、今では妻に言いつけられた生理用品まで普通に購入できるようになりました(笑)

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年09月03日 | Posted in 家事 | タグ: No Comments » 

関連記事