諦めると、優しくなれます

うちの妻は、頭がおかしいです。

警察で「あなたとお子さんのためにも、専門の病院に入院させてください」と真顔で言われるレベル。

しかし頭のおかしい人は、自分がおかしいとは思わないのです。

今日も自分を全肯定して、全力で不具合を発揮しております。

なかなかしんどいですよ、こういうの相手にするの。

都合の悪いことは、向精神薬と入眠剤のせいで記憶がないとか、平気で言いますから(笑)

うちは酷いですが、多かれ少なかれ、そういう悩みを抱えている旦那さんは多いことでしょう。

10年近く一緒に居て、辿り着いた真実があります。

これ、皆さんもぜひ実践してみてください。

相手のことを諦めるのです。

同時に自分のことも。

相手のことを諦めると、優しくなれます。

不思議と、優しくなれる。

これに気づいて、実践し始めた頃、妻が言ってましたもの。

最近、優しくなったねって(笑)

自分のことを諦めると、無気力になれます。

頑張ろうとか、向上心がなくなるから、精神的には穏やかになれます。

今朝はついイラっとして、諦めてるのを忘れて言い返してしまいました。

これじゃダメなのです。

そんな酷い目に遭ってまで、なぜ一緒にいるのかと、よく訊かれます。

子どものためですよ。

形骸化していても、両親は揃っていた方がいいのです。

僕はそう思っています。

そして僕が見張っていないと、子どもがいつ虐待されるか分かりません。

娘が虐待されて児童相談所に保護され、別々に暮らすようになった時、僕には多少、遠慮があったんですよ。

実の子ではないから、親子関係に口を挟むべきではないと。

これ、今となっては死ぬほど後悔しています。

娘を手放すのではなく、母親を刑務所にブチ込めば良かったのです。

どうして僕自身、そして娘の被害届を出さなかったのか、未だに悔やんでいます。

そういう後悔を、息子と生まれてくる子に感じたくはない。

それが一緒にいる理由ですかね。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

2017年09月09日 | Posted in もう嫌だ | タグ: No Comments » 

関連記事