息子の願いは砕かれた


息子が娘に手紙を書きました。

運動会、見にきてくださいって内容で。

来る訳ないんですけどね。

妻から度重なる虐待を受けて施設に保護され、その後、ババァの家に引き取られた娘は、一生ママには会いません宣言してますから。

自分がやらかしてきたコトをすべて棚に上げて、取りあえず妻は手紙を実家に持って行ったそうです。

部活で不在の本人には会えず、手紙だけ置いてきたとか。

その手紙も、たぶんババァに握り潰されてる筈なんですけど。

でもまぁダメもとで、運動会当日の朝、息子に電話させてみました。

息子が一生懸命「ねーねーにかわってください!」って言ってるのに、ババァが一向に取り次ぐ気配がないので、僕が電話に出ました。

取りあえず、娘にかわれと。

バカの親はやっぱりバカなんで、日本語が通じないようですが、噛んで含めて、お前じゃなくて娘と話がしたいと言うと、やっと取り次いでくれました。

したら娘は言う訳ですよ、午前中試合があるから、その後ならいいよって。

こりゃビックリです。

息子も大喜び。

運動会の会場から抜け出して、昼前に実家に迎えに行きました。

マンション下の駐車場から電話したら、ババァが「娘は行きません!」とキレてるので、また時間をかけて娘にかわってもらいました。

娘は半泣きで、やっぱり行かないと言いました。

1%でもママに会う可能性があるなら、絶対に行かない!と。

あーこれはババァになんか言われたなと、ピンと来ました。

行ってもいいけど、行くならこの家から出て行け、みたいな、そういう陰湿なことを言うんですよ、あのババァ。

自分以外の誰かが楽しんだり笑ったりするのが、心底許せない人間なんですね。

テメェの娘と孫の親子関係を修復させるつもりがあるのかと、真面目に詰問したいです。

ホント気持ち悪い。

もちろん妻はキレてます。

息子の気持ちはどうなるんだ!?って。

いや、その前に娘の気持ちはどうなるだって感じですけど。

娘は前々夫との間に出来た子で、僕の子ではありません。

ありませんが、僕と娘と息子の関係は良好なので、これを維持発展させつつ、最終的に娘に土下座謝罪の一つでもするなら、そのコミュニティに妻を入れてやるのは、やぶさかじゃないと行動してたのですが、今回の件で一気に後退です。

僕と子どもたちだけなら、何一つ問題はないんですけどねぇ。

なかなか難しいもんです。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
↑励みになるので、どうか押しちゃってください☆

Freepikによる写真

2017年10月10日 | Posted in ヤケクソ | タグ: , , , No Comments » 

関連記事