ありがとう、言えるかな?

あっという間の穏やかな日々でした。

妻のような人が帰宅した途端、もう気持ちが萎えてしんどいです。

このままではまた病んでしまいそうです、真面目な話。

帰ったその日から、文句をノートに箇条書きして、読めって言ってるんですよ。

アタマおかしいとしか思えない。

いや、おかしいんですけどね(笑)

 

息子はシャイですが、ちゃんと「ありがとう」が言える幼児に育ってます。

ありがとうと思う感謝の気持ち、それをちゃんと言葉として伝えること。

これだけは、守ってほしいし、守れるように育てたいです。

 

妻のような人は、礼や感謝をすると、命が削られるとでも思っているのか、基本的に「ありがとう」を口にしません。

まぁ日々のどうでもいいことに対しては、脊髄反射的に言うことはありますが。

特定亜細亜の人は、謝罪について、謝ることは罪だと思っていると、聞いたことがあります。

それと同じ発想ですかね?

 

今回、娘の出産について、僕に対して何かしらの礼を、まったく口にしません。

もちろん感謝を期待してる訳でもありません。

何にも期待してないんで(笑)

しかしですね、退院時、入院費を払った時に、思ったより安かったを連呼して、一言も礼はナシってのは、どうでしょうね。

払うのが当たり前と思っているんでしょうけれど、個室料金まで払う義務はないと思うんですよ。

入ってくれと頼んだ訳でもないんですし。

何かしら理由をつけて、個室が良いと言うので、じゃあそうすれば?と言っただけです。

 

あまつさえ、支払いが思ったより安かったから、生活費としてカネを寄越せと言うんですよ?

どういう思考回路でそういう発想になるんでしょうか?

生活費を渡した上で、日々の買い物は全額僕が負担してるんですけど?

何もかも当たり前だと思う根性が気持ち悪いですが、言っても無駄です。

子どもの養育費の話になった時、自分の住む場所の家賃や、友だちとのお茶代も出せと怒鳴った女ですから。

 

バカなんです。

常識とか教育がないんですよ。

教育って、本当に大切だと思います。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2017年11月08日 | Posted in ヤケクソ | | No Comments » 

関連記事