心底気持ち悪い妻

今朝も息子が準備に手間取り、幼稚園に遅刻しました。

やっと玄関を出た時に、見送りに来なかった妻に「行ってきます!」を言うために、部屋に戻ろうとしたので、「(今日は時間がないので、戻ってまで)言わなくていい!」と、腕を引きました。

そしたら「行ってきますを言わなくて良いとは、どういうことだ!?」と、鬼の形相で絶叫しながら、裸足で追いかけてきました。

もう気持ち悪いです。

なぜ裸足!?

なぜ絶叫!?

しかし今回は、僕の言葉不足だったことも、否めません。

それを説明して謝罪してから出勤しました。

ちゃんと言葉を選ばないとダメだったねって。

 

そしたら勤務中にまた気持ちの悪い電話をしてきたんですよ。

今朝は私は悪くない!って。

え、それ、済んだ話ですよね?

 

私仕事中なんですが!?と言うと、私だって働いてる!とキレられました。

家事育児も大変なのは認めますが、勤務中じゃなくて、帰ってからできないのか!?と訊いても、こちらの言葉は耳に入りません。

正直、妻に対しては、気持ち悪いというか、気色悪いという感想しかありません。

もう何年も前から、事故でも事件でも病気でも自殺でも何でも良いから、一秒でも早く、そして一秒でも長く苦しみながら死んで欲しいと思っているんですけど、そういう気持ちって、言葉に出ちゃうんですよね。

 

ママチャリの後ろに息子を乗せて幼稚園に急ぎながら、死ねばいいのに!と、呟いてたみたいです。

それを息子がまた告げ口しちゃったもんだから、死ねとはどういうことだ!?と、キレてます。

 

その通りの意味なんですけどね。

僕は独り言を聞かれただけですけど、あなたは息子に「パパは気持ち悪い」って話しかけてますよね?

そう言うと、気持ち悪いのは本心だから問題ない!って言われました。

 

いや、死んで欲しいのも、心からの想いの発露ですよ!?

気持ち悪いと息子に告げるのは良いが、独り言でも死ねはダメとのこと。

まぁ確かに子どもに聞かせる言葉じゃないと思いますけどね。

 

取りあえずもう、一切喋らない方が良いのかもしれません。

明日は誕生日だし、飲みに行こうかなぁ。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2017年11月24日 | Posted in もう嫌だ, ヤケクソ | タグ: No Comments » 

関連記事