死ぬ前に逃げてやる

今日で息子は6歳です。

最近生意気になってきましたが、まだまだ可愛くて、ああ、こいつのために、僕は生まれてきたんだなと、改めて今朝思いました。

今日も残業必至なので、誕生パーティは昨日済ませました。

一昨日、何とかゲットできたニンテンドースイッチを渡すと、大喜びでした。

しかしですね、プレゼントを渡すとき、妻が「ママとパパからプレゼント!」と言ったのが、若干引っかかりました。

引っかかりましたというか、イラっとしました。

これ買うのに、あんたは、時間も労力もカネも、何も使ってない訳ですよね?

家電量販店ハシゴして、やっと見つけたのは僕ですよ。

カネを払ったのも、長蛇のレジやラッピングで並んだのも僕です。

百歩譲って連名にするなら「パパとママから」だと思いませんか?

アホくさ。

 

今朝、寝起きに妻が、ドラゴンボールが欲しいと言いました。

てっきりホンマもんのドラゴンボールを7つ集めて来いとか、そういう無理難題だと思って無視したんですが、どうやらスイッチのソフトらしいです。

それを自分のクリスマスプレゼントとして買えと。

ビックカメラのポイントは、まだ結構あるのですが、そんなものに使いたくはありません。

僕は宇宙戦艦ヤマトのアンドロメダが欲しいのですよ。

これを買う予定でした。

しかしアンドロメダはお前が死んだときに棺桶に入れてやるから、取りあえずドラゴンボールが欲しいと言われました。

 

死んだときって、死ぬまで一緒にいる気なんでしょうか?

表面上は冗談にして笑っていましたが、心底気持ち悪かったです。

 

死ぬときまでには、絶対にこの生活を解消したいです。

具体的に言えば、あと13年くらいを目処にしてるんですけど。

看取る気はもちろん、看取られる気もサラサラナッシングですよ。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2017年12月18日 | Posted in もう嫌だ, ヤケクソ | | No Comments » 

関連記事