僕がLineを使わない理由

今朝も寝起きから家事頑張りました(挨拶)

昨日は別の部屋でスマホを充電して眠ったので、今朝は地獄のモーニングコールを受け付けませんでした。

そしたらまたバカみたいに扉を叩かれ起こされました。

無言でドンドンドンドン!です。

 

起きたら開口一番「買い物に行け」と言われました。

息子が既に起きていたので、僕はちゃんと「おはよう」を言いましたが、彼女には聞こえなかったようです(笑)

ところで僕は、もう数年間、Lineを使ってません。

このご時世、Lineを使っていないと、割と不便だなと思うことは多いです。

 

別に韓国製だから使わないとか、個人情報が抜かれるのが怖い、なんて理由じゃありません。

今さら個人情報を抜かれても、何も問題ないですし、酔った徒然に自撮りした、M字開脚写真なんかは、むしろ多くの人に見てもらいたいくらいですから。

 

僕が危惧しているのは、カジュアルに友人関係を構築するアプリだからこそ、キチガイに見られた時に、さほど親しくもない相手に、多大な迷惑をかけることです。

 

仕事で必要で、Lineを交換したお母さんがいます。

広告の撮影で、モデルが中学生、しかも事務所に入っていない、本当に素人の子だったので、連絡相手は、彼女の母親だったのです。

 

その後、どうやら母親のスマホを娘に譲渡したらしく、僕の友達覧に、可愛い女の子のアイコン付きの名前が登録されました。

それを見たキチガイが、これは誰だ!?お前の言うことが本当なら、今すぐ連絡を取って証明しろ!と発狂して、結果、相手に迷惑をかけました。

 

定期的にスマホを見せろと狂ったことを言う生き物なので、怖くて最低限の友人関係しか構築できません。

僕の現状を知っていて、迷惑をかけたとしても、ああ、そういうことね、大変ねと、納得してくれる相手のみが、電話帳に入っています。

同じ理由で、ほぼSNSはやっていません。

このサイトとリンクしている、飯写真載っけるインスタくらいです。

 

Lineをやらないもう一つの理由は、キチガイからの連絡が、非常にしんどいからです。

日常的に、こんなの送られたら、健常な僕も病んでしまいます。

僕に頭痛を起こさせる特殊能力があるなら、それを活かした職に就きたいです(笑)

 

あとこっちは、集めていたリボンを娘その1に勝手に使われた時の報告です。

実の娘に「死ねばいい」と言える母親って、リアルに存在するんですよ。

 

娘その1は、当時10歳です。

一緒におれんの言葉通り、肉体的に殴る蹴る、精神的には嘘つきと追い込み、ご存知の通り、この日から数ヶ月後に、娘はいなくなりました。

 

今思えば、娘が負担になったから、保護されるのを分かっていて虐待していたのかもしれません。

こういう情報なんか知りたくもないので、僕はLineを使わないのです。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2018年01月22日 | Posted in もう嫌だ, ヤケクソ | | No Comments » 

関連記事