暴力を是とする人間は、必ずその報いを受ける。受けさせる。

本日も無事、出勤しております。
会社には12時半に来ます!と昨日報告したのですが、辿り着いたら14時半でした。家事やら何やらしてたので。

こういう些細な遅刻で、信用ってものは失われるんですけど、就職したことのない人には分からないようです。
そもそも彼女の場合、待ち合わせても時間通りに来たことなんて、数えるくらいしかないので、他人の時間に対するプライオリティって、もともと恐ろしく低いんでしょうけど。

 

今朝は息子に起こされました。

土曜保育で幼稚園に送って行けと言われているので、起き上がろうとしますが、昨日も深夜帰宅、オマケに先月から肉体労働をしているので、なかなか布団から出られません。5時くらいに起こされてほ乳瓶の洗浄もしましたし。

それでも気合いで起き上がると、息子の様子が変です。

元気がありません。

ママは?と訊くと、妹を可愛がってると応えました。

ああ、そういうことかと、息子をハグしました。

 

ウチの場合は、下の子が出来きて、上の子が拗ねてるとか、そういうレベルじゃない気がするんですよね。

娘その2が生まれてから、息子が同居人に口汚く罵られるのを、何度か見ました。

聞いているこちらの心が折れそうになる物言いです。

今朝もリビングの方から、怒鳴り声が聞こえました。

 

どうしてそこまでキレられるのか?

どうして全否定するような言葉をチョイスするのか?

バカなのか?

バカなんですけど。

 

デジャブです。

息子が生まれてから、娘その1は汚い言葉と暴力で精神的に追い込まれました。

あの時に見た光景。

下の子が生まれたら、上の子って鬱陶しく感じるよね?と、いつだったか同意を求められましたが、そんな感覚なのは、あんただけです。

今度は全力で守ります。

娘の時に感じた後悔なんか、二度と繰り返さない。

我が家を暴力が支配する時代は、もう終わったのです。

そして暴力を是とする人間は、必ずその報いを受けるのですよ。

 

報いを受けるって、良い言葉ですよね。

オラ、わくわくすっぞ!

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2018年03月03日 | Posted in もう嫌だ, ヤケクソ | | No Comments » 

関連記事