子どもを棄てるのはアリかナシか

もう限界なので、家族を棄てようと思っているのですが、子どもを棄てるというのは、アリかナシかで言えば、ナシなんでしょうか?

あまり深く考える必要はないんですかね?

世の中、父親がいない子どもなんか、ゴマンといる訳ですし。

娘その1だって、実の両親に棄てられた訳ですし。

 

でも棄てたいのは家族や子どもじゃないのですよ。

あのキチガイを棄てたい。

その方法を模索するのすら、今となっては苦痛なんですよね。

子どもの人生にコミットせにゃならんって考え方って、傲慢なんでしょうか?

親はなくとも子は育つ。

キチガイに虐待されても、死なない限り成長はするんですよ。

 

あーでも虐待されると分かっていて棄てるのは、これ未必の故意ですよねぇ。

未必の故意だけど、僕が心身ともに殺されるのを黙って我慢とかも不可能です。

堂々巡りですよ、やれやれ。

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

2018年04月11日 | Posted in もう嫌だ, ヤケクソ | | No Comments » 

関連記事